引越し

知らないと損する引越し侍の賢い使い方

更新日:

お得に引っ越しするなら「相見積もり」がカギ

敷金礼金や新しい家具・日用品など何かと出費が多い引っ越しのタイミング。

できることならできるだけ安く引っ越したいものです。

しかし、引っ越し価格というのは適正価格が非常に分かりにくいものです。

どこからどこへ引っ越すのか、荷物はどのくらいあるのか、何時引っ越すのかなどで値段が大きく左右されます。

そのため、引っ越しの前には複数の業者に見積もりを依頼する「相見積もり」が重要になります。

見積もりによってどの程度の費用がかかりそうか確認し、複数の業者の見積もりを比べてみることでその価格が適正であるかどうかをチェックします。

また、引っ越し価格は交渉が可能ですが、この交渉にも他社の見積もりがかかせません。

いくら交渉で安くすることができるといっても、表には出さない最低ラインが存在します。

安すぎる価格を提示してしまっては、かえって業者の機嫌を損ねる事態にもなりかねません。

交渉可能なギリギリのラインを探るためには、いくつかの見積もりを見比べることで分かる「相場感」がヒントになります。

複数社から見積もりをとるなら「引越し侍」がオススメ

いくつかの引っ越し業者から見積もりとるなら、一括見積もりサービスを利用しましょう。

どんな業者が利用できるのかを調べ、一つひとつに連絡をとるのは手間と時間がかかってしまいます。

しかし、一括見積もりサービスを利用すれば一度情報を入力するだけで一気に見積もり依頼ができるのです。

いくつかある引っ越しの一括見積もりサービスの中で最も有名なのが「引越し侍」です。

▼引越し侍の一括見積もりはこちら(無料)

利用件数はなんと2500万人以上にものぼり、日本人の5人に1人が利用している計算になります。

引っ越しの見積もりといえば引越し侍といっても過言ではありません。

引越し侍は株式会社エイチーム(Ateam)という会社が運営しています。

2012年に東京証券取引所市場第一部に上場した大手企業で、引越し侍の他にスマートフォンゲームなどの運営をしています。

引越し侍の設立は2006年で、10年以上の運営実績があります。

一括見積もりをすれば引っ越し料金が安くなる

一括見積もりサービスは、サービスを通して全国の業者に簡単に見積もり依頼が出せるサービスです。

一々電話をかけて見積もりを依頼しなくても良くなるため、時間と手間の節約になります。

更に、価格を安くするためにも有効な手段です。

一括見積もりサービスを利用して見積もり依頼をすると、業者にもサービスを利用していることが伝わります。

他の業者も検討している客を勝ち取るためには、他社よりも安くする必要があります。

こちらから価格交渉を行わなくても、勝手に業者同士で競って値段を下げてくれるため、面倒な交渉を行わずにすみます。

他の業者に断りの連絡を入れるつもりが、その業者にもっと安くしてもらえることもあります。

安くしたいけれど、値段交渉には自信がないという人にもオススメです。

引越し侍の落とし穴

便利で安くできる一括見積もりサービスですが、良い点ばかりではありません。

見積もり依頼をすると、たくさんの引っ越し業者から一斉に電話がかかってくるという問題があります。

複数の見積もりを比べてその中から一番安い業者を選ぶとはいえ、すべての業者から正確な見積もりをとるケースはまれです。

荷物が少ない引っ越し以外は、業者が訪問して見積もりしなければ正確な見積もりはできません。

何件も訪問見積もりをするのは現実的ではありませんから、結局最初に連絡が来た数社の中から選ぶケースが多いです。

そのため、顧客を勝ち取るためにはできるだけ早く連絡をとる必要があります。

引越し侍で見積もり依頼をすると、2、3分で鬼のように電話がかかってくることになります。

電話が来ると覚悟していても面食らってしまう人も多いです。

断った後もしつこく電話をかけてくるような悪質な業者はいませんが、それでも短期間でいろいろな業者から電話がかかってくることには変わりありません。

引越し侍で引っ越し料金が安くなってよかったという声がある一方で、こうした業者からの電話にびっくりしてしまったという感想も多く見られます。

「引越し予約サービス」を使えば面倒な電話がナシに

引っ越し料金を安くしたいけれど、たくさん電話がかかってくるのは嫌という人や、電話対応している時間がないという人におすすめなのが、引越し侍の「ネット予約サービス」です。

現住所と引っ越し先の住所、人数や荷物の量、希望日などを入力するだけで対応可能な引っ越し可能業者の料金が一括で表示されます。

面倒な電話なしで簡単に見積価格が分かります。また、価格が一覧で表示されるため、料金の比較も簡単にできます。

もちろん、業者も価格が一覧で比較されることは承知の上で見積もりを行っているので、普通の一括見積もりサービスと同じように価格競争がおこります。

その他の引っ越し見積もり一括請求サービス

引越し侍以外にも、引っ越しの見積もりを一括で依頼できるサービスがあります。

引越し侍と他のサービスについて簡単に比較してみましょう。

●引越し侍
サービス開始:2006年
紹介実績:2590万件
提携業者数:268社
口コミ数:約21,000件
●ズバット
サービス開始:2007年
紹介実績:400万件
提携業者数:225社
口コミ数:-
●LIFULL
サービス開始:2015年
紹介実績:-
提携業者数:130社
口コミ数:約7,000件
●SUUMO
サービス開始:2012年
紹介実績:-
提携業者数:45社
口コミ数:約31,000件
●価格.com
サービス開始:2011年
紹介実績:-
提携業者数:250社
口コミ数:なし
●引越し価格ガイド
サービス開始:2006年
紹介実績:2,130万件
提携業者数:250社
口コミ数:約9,000件
●引越し達人
サービス開始:2014年
紹介実績:-
提携業者数:67社
口コミ数:なし
●引越しネット
サービス開始:2004年
紹介実績:80万件
提携業者数:39社
口コミ数:なし

似たようなサービスであっても、規模や実績は全く異なります。

提携者数が多くたくさんの業者から自分にピッタリのものを選ぶことができ、豊富な口コミから業者の良し悪しを判断できるのは引越し侍だけです。

引越し侍の使い方

ここからは、引越し侍で見積もり依頼をするときの流れについて紹介していきます。

すでに述べたとおり、引越し侍には「一括見積もりサービス」と「引越し予約サービス」の2つがあります。

一括見積もりサービスの場合

1.基本情報の入力
まずは「現住所の郵便番号」「引っ越し先の都道府県」を入力し、引っ越しタイプを選択して見積もりを開始します。引っ越しタイプは、単身・家族・オフィスの3つから選択します。

2.住所入力
現住所と引っ越し先の詳細な住所を入力します。建物のタイプ(マンションや一戸建てなど)についても選択します。

3.引っ越し希望日と個人情報の入力
引っ越し希望日を時間帯、引っ越し人数を回答します。名前、電話番号、メールアドレスの入力も行います。

4.荷物量の入力
ベッドやソファーや衣装ケースなど、運ぶ数を入力します。引っ越し料金は荷物量に大きく左右されるため、できるだけ正確に記入しましょう。ここでいい加減な数字を入れてしまうと見積もりが不正確になり、一番安い業者を見つけるのが難しくなってしまいます。

5.内容を確認して見積もり依頼
これまでの入力内容を確認し、問題なければ業者に見積もり依頼を行います。

引越し予約サービスの場合

1.引っ越し内容の入力
現住所と引っ越し先の住所、引っ越し人数、希望日、荷物量などを入力します。
こちらの場合も荷物の量についてはできるだけ正確に入力してください。荷物量によって使用するトラックの大きさやスタッフの人数が変わります。
また、梱包作業や開梱作業を依頼したい場合もこのタイミングで選択します。

2.料金やサービスを比較する
引っ越し内容について入力すると、対応可能な業者が一覧で表示されます。価格やサービス内容を確認し、自分の好みに合った業者を選択しましょう。引越し侍に投稿された口コミ評価の確認もできます。
もし気になることがあれば、予約せずに先に電話で問い合わせすることもできます。

3.空き状況の確認
気に入った業者があれば、そのまま予約に進むことができます。WEBでトラックの空き状況を確認できるので、希望する日時や予算と相談し、引っ越ししたい日を選びましょう。予約は3ヶ月先まで可能です。

4.予約完了
名前、電話番号、メールアドレスを入力し、これまでに入力した内容に問題なければ申し込み完了です。予約内容についての確認メールが引越し侍から届くので必ず確認しましょう。

引越し侍から予約が終わると、2日以内に引っ越し業者から確認の電話があります。

引越し侍を上手に使ってお得な引っ越しを!

値段設定の分かりにくい引っ越し料金を安くするためには、複数の見積もりを見比べる「相見積もり」が非常に重要です。

また、相見積もりを行う際は、一括見積もりサービスを利用すると、たくさんの業者に電話をかける手間を省くことができます。

一括見積もりサービスを利用すれば、業者同士で勝手に価格競争してくれるようになるため、億劫な価格交渉を自分で行う必要もありません。

適正な価格で引っ越しできるだけでなく、よりお得な引っ越しが可能になります。









-引越し

Copyright© ハウスメーカーランキング2019 , 2019 All Rights Reserved.