ハウスメーカー・住宅会社

1500万円の家を建てる!依頼先と注意点

更新日:

マイホームには憧れるけれど新築一戸建ては高くて手が出ない、まして注文住宅なんて高すぎて買えるものではないと諦めていませんか?

年収300万円もあれば1500万円のローンが組めますし、1500万円あれば注文住宅も十分視野に入るのです。

注文住宅の価格には幅がある

注文住宅は建売住宅と比べて高価な住宅です。

平均坪単価は50万円台から60万円台。

家の広さが35坪だとすると、建物価格だけで2000万円前後になってしまいます。

これでは到底手が出ないと諦めてしまうのも無理はありませんが、あくまでこれは平均値でしかありません。

注文住宅には坪単価100万円を超えるような高級住宅がある一方で、坪30万万円から40万円台で建てられるようなハウスメーカーもあります。

ローコストを売りにするメーカーなら、トータルで1500万円どころか1000万円前後、中には900万円台など1000万円を切るような住宅もあります。

もちろん価格が安いぶん、平均的な価格の注文住宅と比べて気をつけなければならない点もありますが、ローコストでも、欠陥住宅や手抜き工事ではない、しっかりとした品質の住宅です。

住宅価格を抑えるメリット

住宅を安く買えるというのは、想像している以上に多くのメリットがあります。

1000万円台のローコスト住宅を目指していない場合でも、無駄を省きコストカットをすることは意識しましょう。

注文住宅を選べる

予算が少ない中で一軒家を買うとなると、選択肢になるのは建売住宅。

土地と建物を同時に買えるというのは大きなメリットですが、出来上がったものを購入することになるため自由度はありません。

間取りは標準的な家庭に合わせた無難なものですが、部屋数が多い代わりに一つひとつの部屋が小さくつくられてしまうケースが多いです。

同じ価格でも注文住宅なら、家族や生活に合わせた家がつくれます。家づくりの楽しさを感じることができるだけでなく、その後の生活も快適なものになります。

住宅ローン審査に通過しやすい

建売住宅でも注文住宅でも、家を買う際にはローンを組むのが普通です。

審査時には返済能力が重視されるため、借入額が少ないほど通過しやすくなります。

ちなみに、一般的に年収の6倍までが借入額の目安と言われており、1500万円の借り入れなら年収300万円もあれば組むことができます。

注文住宅どころか、新築一戸建てさえ夢と思っていた人でも、家を建てることができるのです。

若いうちにローンが組める

年収300万円からでも家を買うことが視野に入り始めるということは、20代でも家を買いやすくなるということです。

「そんなに若いうちから家を買わなくてもいいのでは?」と思うかもしれませんが、住宅ローンは若いうちに組んだ方が有利です。

まず、長期ローンが組みやすくなります。

住宅ローンは最長35年ですが、返済を考えると定年までに返済を終えなくてはなりません。

定年を65歳とすると、35年ローンを組むためには遅くとも30歳で家を買う必要があります。

年を取れば収入や貯金は増えますが、ローンを組める期間はどんどん短くなってしまうのです。

また、定年前に返済を終えれば、その後は老後の資金を貯めることに専念できるようになります。

ローンの返済と老後の準備を同時進行するのは、金銭的も精神的も負担が大きいもの。住宅だけでも先に確保してしまった方が安心です。

生活への負担が少ない

家の価格を抑えられれば、借入額も小さくなり、毎月のローン返済額も減らせます。

例えば、1500万円を35年ローン、金利1.5%で借りた場合、毎月の返済額は45,927円。

1500万円の借金と効くと怖いですが、月額に換算するとスケール感が変わります。

金額も毎月の家賃とそう変わらないはずです。

最終的に家が自分の財産になることを考えると、賃貸よりも得です。

月の返済額が小さいことは、生活のゆとりにも繋がります。

良い家を買っても、毎月ローンの返済に追われて切り詰め働き詰めでは、家を買う前より生活環境は悪化しています。

せっかく大金をはたいて家を買うのですから、生活の質も向上させなければもったいないです。

建物にお金をかけるよりも、旅行や習い事、趣味などにお金をかけたいという人にも、ローコスト住宅はおすすめの選択肢です。

どこに依頼するか?

家の価格や満足度はどこに家を建ててもらうかで大きく左右されます。

ローコスト住宅メーカー

まず候補となるのがローコスト住宅をメインに手がけるハウスメーカー。

坪単価30万円から40万円台で注文住宅を建てることができます。

有名なハウスメーカーとしては、タマホームやレオハウスなどがあげられます。

ローコスト住宅メーカーは1000万円台の住宅を得意としているため、標準的なプランでも無理なく1500万円で家が建てられます。

価格を抑えつつ、高機能な設備を導入したり、間取りを工夫したり、おしゃれな見た目にしたりなど、注文住宅らしい家づくりが可能です。

安い家というと品質面に不安があるかもしれませんが、ローコスト住宅は一定の品質を維持しつつコストカットを行うノウハウに長けています。

以前に比べてローコスト住宅の競争も激しくなったおかげで、品質もここ数十年で格段に向上しています。

値段を抑えつつ、間取りを変えたり内装を凝ってみたりと、自分好みの家づくりがしてみたいという人におすすめです。

だた、ローコスト住宅では部品の大量仕入れや規格の統一化で大きくコストカットしています。

そのため、選択肢の幅や自由度はあまり高くありません。標準仕様に近い範囲で要望を実現できるメーカーを選ぶようにしましょう。

大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーの住宅は高価で、1500万円の予算では難しそうなイメージですが、プラン次第では価格を抑えて建てることもできます。

見た目やデザイン、設備などは必要最低限でシンプルなものを選ばざるを得ませんが、大手ハウスメーカーの住宅ならば基本的なスペックが高いので問題にはなりません。

工事や材料の品質も高いです。

また、大手ハウスメーカーは提案力のある営業・設計が多いため、予算の範囲内で要望を反映する能力も期待できます。

サポートの手厚さも魅力です。ローコスト住宅は保証や長期サポート体制にかけていることが多いのですが、大手ハウスメーカーなら購入後も数十年に渡るサポート計画が整備されています。

仕様も間取りも標準に近くなるため、注文住宅らしい家づくりかというと、疑問が残るかもしれません。

しかし、見た目よりも基本性能、安心感を求めている人には向いています。

地元工務店

工務店が扱う住宅は多種多様。

高級住宅を扱っているところもあれば、格安で家を建てているところもあります。

一般的に、ハウスメーカーよりも広告宣伝費がかかっていないため、同じ金額でも地元工務店の方が高スペックの住宅を建てやすいと言われています。

コストパフォーマンスを重視するなら、工務店のチェックはかかせません。

ネックとなるのは知名度の低さ。ハウスメーカーと比べると宣伝が少ない分、めあての工務店を見つけるのには手間がかかります。

1500万円で注文住宅を建てる時の注意点は?

予算が限られている以上、家づくりには慎重に挑みましょう。

うっかりしていると簡単に予算オーバーしてしまったり、後悔の残る家づくりになったりしてしまいます。

土地の確保

土地が建物とセットになっている建売住宅と違い、注文住宅では土地も別に探さなければなりません。

新たに土地を買うとなると、予算は更に限られます。

土地にお金をかけすぎても、建物にお金をかけすぎても家づくりはうまくいきません。バランスが大切です。

しかし、素人にはどんな家をつくるのにどれぐらいのお金がかかるのか、さっぱり見当がつきません。

家について考える前に土地を先に買ってしまうと、予算不足になる可能性が高いです。

おすすめなのは、ハウスメーカーと一緒に土地を探すこと。

土地と建物の予算配分を考えつつ、そのハウスメーカーで家を建てるのに適した場所を探せます。

こだわるポイントを絞る

注文住宅は自分好みにカスタマイズできるのが魅力ですが、予算が少ない以上、あちこちに手を加えることはできません。

お金をかけるべきところと、節約するところははっきりメリハリをつけましょう。

例えば、料理が好きならキッチンは良いものをつけ、その代わりに外観デザインはできるだけシンプルなものを選びましょう。

どこにこだわるかが、ローコスト住宅を建てる上で大きな鍵になります。

公開や不満が残らないよう、家族でしっかり話し合い、こだわるポイントを絞りましょう。

情報収集をする

注文住宅を扱う業者は数多くあります。

ローコスト住宅に絞ったとしても、まだまだかなりの数があります。

どんな業者があり、それぞれがどんな特徴を持っているか調べなければ、一番良い依頼先は分かりません。

住宅業者の資料を集める時に便利なのが一括請求サービスです。

ライフルホームズなんかが有名ですね。

参考記事 →LIFULL HOME’S(ホームズ)「住まいの窓口」の評判と店舗
 
これを使えば、家にいながらパンフレットやカタログを一括で取り寄せできます。

いちいち個別に送付請求をしたり、モデルハウスに行ったりする必要がなく、時間と交通費の節約になります。

相見積もりをする

候補が絞れたら、複数社に見積もりやプランの作成を依頼しましょう。

お気に入りの業者が一つ見つかったとしても、決めてしまうのはまだ早いです。

同じ価格帯でも、住宅のスペックやグレード、内容はハウスメーカーや工務店によってかなり開きがあります。

一番いい業者を見つけるためには、比べてみることが必要です。

参考記事 → 家を建てるならまずはスーモカウンターで相見積もり?

値引き交渉をする

注文住宅は値引き交渉ができます。

大きいときは交渉で10%も安くしてもらうことができます。

1500万円なら150万円の値引きです。

たとえ値引き額が1%でも、値引きは大切です。

住宅購入は単位が大きいので、1万円2万円の違いが小さな違いに感じてしまいやすいのですが、普段の買い物なら1万円は大きな差です。

たとえ家を買う時でも、シビアな金銭感覚を忘れないようにしましょう。

1500万円でも注文住宅を建てられる

注文住宅は高いイメージがありますが、ポイントを抑えれば1500万円の予算でも家を建てられます。

せっかくのマイホーム。購入するなら既成品の建売住宅よりも、自分に合わせて建てられる注文住宅の方が快適です。

予算が限られているため、こだわるポイントを絞る必要はあります。しかしそれさえ気をつければ、自分好みの快適で便利な住まいが手に入ります。






-ハウスメーカー・住宅会社

Copyright© 家カフェ , 2019 All Rights Reserved.