土地・不動産関連

家を少しでも高く売る方法は?売却時の査定方法や相場の調べ方も

更新日:

家の模型を虫眼鏡で見ている査定イメージ画像

事情があって家を売る場合、少しでも高く売りたいですよね。

家は高額なので、価格差がある場合、数%でも金額としては大きいです。

家の価格を決める不動産業者は、どうやって家を査定して価格を決めているんでしょうか?

また、売りたい家の周辺の相場も気になりますよね。

今回は、家を少しでも高く売る方法や、売却時の不動産業者の査定方法、価格相場の調べ方を紹介します。

1.家を少しでも高く売る方法は?

注文住宅の最終支払のイメージ画像

一般的に、家を売る際には売却を任せる不動産業者をひとつに限定してしまいがちです。

家や土地(不動産)を売ることに対する知識がないことによる不安と、

  • どうしても売りたい
  • 早く売りたい

という焦りから、自分がお客さんだという意識がなくなってしまうことが原因だと言われています。

しかし、不動産業者にとっては不動産を査定して売却を依頼されることは、大切な商品の仕入れという意味でとても重要な仕事です。

他の業者がもっと高く査定したら、お客さんを取られてしまうかもしれないと心配しているんですよ。

不動産業者の数は全国に20万社以上あると言われています。

あなたの売りたい家の周辺にもたくさんの不動産業者がきっとあるでしょう。

その中の一つの業者に限定してしまわずに、複数業者で査定して、高く査定してくれた業者の中で検討すべきです。

急いで処分したい気持ちもありますが、「まずは査定依頼をして売却はその金額によって検討する」というゆったりとした気持ちが必要ですね。

そうはいっても、幾つもの業者のうちどの業者を選んだら良いかわからないし、一つ一つに依頼するのも面倒だという気持ちも分かります。

そんな時に便利なのが一括査定サービスです。

車の一括査定サービスってテレビのCMで時々やっていますが、あれの不動産バージョンのようなものになります。

不動産一括査定サービスには

などがあります。

それぞれ登録している不動産業者の数の違いや地域差があるので、まずは一括査定サイトをそれぞれ登録して検索を掛けてみることをおすすめします。

いくつかの査定サービスで検索した不動産業者を10社程度ピックアップできれば、納得行く査定をしてもらえる可能性が高まります。

10社も査定依頼したら、その後の電話対応が大変になるんじゃないか?

と感じるかもしれませんが、不動産業者との連絡は想像するほど頻繁にはならず、メール対応だけの業者もあります。

しつこい営業電話の心配は必要ないので、早めの行動をするようにした方が良いです。

不動産の相場は周辺の取引に対応して変わります。

買い手も情報をどんどん集めているので、良い物件が出たらすぐに行動してしまいます。

なのでまず査定をして、どのタイミングで売りに出すかを相談する不動産会社を早めに決めることが重要ですね。

2.家の売却時の査定方法は?

家の模型複数と電卓の査定イメージ

家を売却する時に不動産業者に査定依頼をしますが、不動産業者はどうやって査定をしているんでしょうか?

一般的に、不動産業者はそれぞれ不動産業界団体に所属しています。

主な不動産業界団体は

  • 全国宅地建物取引業協会(宅建協会)
  • 全日本不動産協会(全日)
  • 不動産流通系影響階(FRK)
  • 全国住宅産業協会(全住協)

があり、それぞれが独自の不動産査定プログラム(査定ツール)を持っています。

各団体の不動産査定ツールは、会員である不動産業者が自由に使えるようになっているんです。

私は以前、宅地建物取引業協会に所属している不動産業者に勤務していました。

その時に業務で使っていた査定ツールは、

  • 標準値価格査定プログラム
  • 戸建住宅価格査定マニュアル

でした。

「標準値価格査定プログラム」は、地域ごとに定められた「標準値」の価格を基準として、土地によって違う

  • 整形度(形状)
  • 接道方向
  • 接道距離(間口)
  • 道路との高低差
  • 周辺環境(嫌悪施設等が無いか)

の項目を入力していき、プログラムが自動計算するツールです。

担当者の裁量で、周辺取引事例や個別の状況に応じて数値を手入力できる項目もありました。
 

残念ながら他の団体で使っている査定ツールはわからないですが、細かい計算方法が違うものと思われます。

このような査定ツールやマニュアルの違いによって、または個人によっても査定価格には差が出てくるんですね。

3.家を売却する場合の価格相場はどうやって調べる?

町並みに西日が当たる周辺取引相場のイメージ画像

家を売却する場合の価格相場は、売りたい家の周辺の取引事例と比較することで確認できます。

取引事例は

  • 不動産ジャパン
  • レインズマーケットインフォメーション

で確認できます。

不動産ジャパンは上で紹介した4つの不動産業界団体が運営している物件サイトの情報が全部載っている、日本で一番物件数が多いと言われる不動産物件サイトです。

不動産ジャパンの使い方は以下の記事で詳しく説明しています。

【関連記事】
レインズの閲覧方法は?個人の閲覧時間や費用は?閲覧履歴の確認方法も

レインズマーケットインフォメーションは、不動産業者専用の物件登録サイト「レインズ」での取引事例を、指定条件ごとの一覧表示で一般ユーザーが閲覧できるサイトです。

【参考サイト】
レインズマーケットインフォメーションのホームページの画像
レインズマーケットインフォメーションのホームページ

これらのサイトには、一般的な不動産業者が取り扱っている不動産物件や取引価格の事例が多く掲載しているため、売りたい家の周辺の土地や建物の相場を調べやすいです。

しかし、売りたい家の状態や築年数、土地や周辺の状況によっては相場よりも安かったり高かったりします。

正確な査定額は、不動産業者に査定してもらい確認するようにしましょう。

 


 
ヨシヒロ
以上、今回は家を少しでも高く売る方法や家の売却時の査定方法、売買価格相場の調べ方等を紹介しました。

 
この記事の前半で紹介した不動産一括査定サイトを利用すると、早ければ当日に概算査定額を知る事ができます。

すべての査定額が揃うまでは1週間程度かかる見込みですが、ある程度細かな査定を出すには実際に現地を見て判断する必要があります。

また、不動産業者は水曜日を休日としているところが多いため、水曜日を挟むと連絡が遅くなる傾向があるので注意してください。

今回の記事が家を高く売るためのお役に立てれば嬉しいです。






-土地・不動産関連

Copyright© 家を建てる , 2018 All Rights Reserved.