土地・不動産関連

建売住宅は土地を決め手にすれば失敗しない

更新日:

建売住宅か注文住宅か

これから家を買おうという人にとって、建売住宅にするべきか注文住宅にするべきかという問題は最初にぶつかる難題です。

自分好みにカスタマイズできる注文住宅は魅力的ですが、やはり値段が悩みのタネ。

建売住宅を視野に入れているということは土地も購入しなければならないということですから、当然ハウスメーカー選びとは別に土地探しもしなければなりません。

しかし満足のゆく土地探しというのは非常に難しく、必ずどこかで妥協が必要になります。

建売住宅であれば、土地探しに悩まされることはありません。

建物と土地がセットになっているので、ゼロから土地を探すよりもずっと楽です。
価格も注文住宅より安く、住宅ローンの負担も少なくて済みます。

ただ、評判を理由に建売住宅を避けている人も少なくありません。

建売住宅は注文住宅とは違い、完成時の建物しか見ることができないため、壁の内側や床下、天井裏がどうなっているかわかりません。

同じような住宅ばかり建てる関係で、あまり技術の高くない職人が関わることも多いといわれています。

しかし建売住宅に不安があるとは言っても、予算の関係で注文住宅には手を出せないケースも当然あるでしょう。

便利な場所に家を買えるなら建物にはこだわらないという理由で建売住宅を選ぶ人もいます。
では、建売住宅で後悔しないためにはどんな点に気をつければよいのでしょうか?

建売住宅では土地を重視して選べば失敗しない

建売住宅購入で失敗しないための一番のポイントは、建物よりも土地に重きを置くことです。
良い土地に建っている住宅で予算範囲内なら、それだけで候補に入れてしまって問題ありません。

土地に住むのではなく、建物に住むのだから建物も大切ではないかと疑問に思う人もいるかもしれません。

しかし建売住宅の場合、建物にこだわることにそれほど意味はないのです。

まず建売住宅の場合、建物にあまり差がありません。

建売住宅のメインターゲットは30代の子どもがいる夫婦。

間取りや設備も当然それに合わせたものになります。

いわゆる普通の一軒家といったつくりで、誰が買ってもそこそこ暮らしやすい住宅です。

使用される設備や素材はコストダウンのために大量生産されたもの、つまり最もメジャーなものが使われます。工事の方法や加工なども特別なものが使われることはありません。

基本的にどの建売住宅を購入しても建物部分に大きな差はありません。こだわれるほどの差がないのです。

どうしても気に入らない所があれば、購入後リフォームすれば良いだけの話です。

しかし土地は一度購入してしまうと変更はできません。

形を変えることも場所を変えることもできません。

それならば変更の効く建物よりも、どうにもできない土地の方を重視するべきなのは明らかです。

注目ポイント1 利便性と周辺環境

土地の良し悪しを考える際、最初に注目するべきなのは利便性です。

通勤通学に必要な交通アクセスの良さや、スーパーマーケットやコンビニなど日常の買い物に不便がないかシミュレーションしてみましょう。

通勤通学にかかる時間は多少の差でも毎日のこととなると積もり積もって大きな差になります。

また、買い物以外にも、病院や郵便局、銀行などの場所もチェックしておきましょう。

近隣地域に病院がないのは不安ですが、反対に大きな病院が近すぎると救急車の音が気になります。

駅から物件までの道のりのチェックも大切です。

できれば夕方や夜が良いでしょう。道の明るさや治安を確認し、安心して通れる道があるかどうか実際に歩いて確認しましょう。

建売住宅周辺の住民のチェックもしておきましょう。

賃貸とは違い、持ち家は一度購入してしまうとなかなか引っ越しできません。

迷惑な隣人に悩むことのないように、しっかりリサーチを行いましょう。

まずは販売している不動産業者や建売会社に、近隣の治安やトラブルについて聞いてみましょう。

特に騒音関係のトラブルは事件に発展するケースもあるため、音にうるさい住民がいる場合は要注意です。

まとめて販売されている分譲住宅であれば、近所は同時期に入居する住民ばかりです。

家族構成も収入も近い家庭が多く、おかしなトラブルには巻き込まれにくいですし、近所付き合いもしやすいです。

ゴミの捨て方やゴミ置き場の場所も確認しましょう。

家の目の前がゴミ置き場になっていると、清掃の必要に迫られたり、夏場の臭いに悩まされたりすることになります。

ゴミ置き場の場所を変えるのは非常に大変です。

利用している住民の同意が得られないと変更はできないため、新参者の都合でどうこうするのは基本的に不可能です。

地域によっては個別収集の場合もあるなど、ゴミ捨てのルールは地域差が大きいです。分別が細かすぎて面倒という自治体もあります。

土地の形状

土地の広さ以上に重要なのが土地の形です。

きれいな四角で平らならいうことはありませんが、そんな都合の良い土地ばかりではありません。きれいな整形地は価格も高いです。

土地の形をチェックする際に注意すべきなのは、間口の広さです。

道路と接している長さが短い土地よりは、間口の広い土地の方が良いです。
間口狭い土地は隣の住宅との距離が近くなりやすく、日当たりや風通しが悪くなりやすいです。

車を停めるのにも不便です。また、間口が広ければ分割して売却することもできますが、狭い場合は分割ができないため手放しにくいです。不動産価値も低くなります。

特に土地本体が道路から奥まった位置にあり、敷地を延長して道路と接している旗竿地には注意しましょう。

旗竿地は周囲に比べで安価ですが、その分デメリットも大きいです。

参考:

土地の広さとエリア

地方では土地に余裕があるため問題にはなりにくいのですが、都市部に家を買う場合は面積も重要です。

都市部で広さの十分な土地を購入するのは困難です。

たとえ見つけることができても非常に高価です。都内の場合、多くの建売住宅が狭い土地に3階建てです。

2階建ての住宅を建てるには、最低でも27坪はないとファミリー向けの住宅は厳しいです。

しかし、3階建てであれば20坪もあれば十分な広さの住まいになります。

自家用車の有無も土地の広さを考える際のキーになります。

都内の建売住宅の場合、車を停めるスペースがない場合も多いです。

あっても1台。2台分となると別に駐車場を借りることになるでしょう。

車を2台以上停める場所がほしい、3階建ては上り下りが大変で嫌だ、という場合はエリアを変えるのも選択肢に入れましょう。

都内を避け、周辺地域に希望エリアを広げれば、広い土地を探しやすくなります。

駅近物件も見つけやすくなるため、路線に気をつければ都内に住むよりも通勤時間を削ることもできます。

建売住宅で失敗しないための鍵は「土地」

比較的低価格で建物と土地がセットで購入できるのが建売住宅の魅力です。

しかし建売住宅には失敗談や後悔の声も多く、二の足を踏んでいる人も多いのです。

後悔しない建売住宅購入のために最も大切なのは、土地を重視して物件を決めるということです。

建売の場合、建物部分はどれも似たり寄ったりであまり大きな違いがありません。

気に入らない部分があれば購入後にリフォームなどで修正を加える手もあります。

しかし、土地は形を変えたり、面積を広くしたり、場所を変えたりすることはできません。

それならば、土地にこだわった方が後悔のない買い物になります。






-土地・不動産関連

Copyright© 家カフェ , 2018 All Rights Reserved.